鹿児島 朝は滝のような雨 小康状態でも土砂災害警戒

tenki.jp

2日(火)、鹿児島県で、朝、1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降った所がありました。これまでの雨で地盤は緩んでいます。土砂災害に警戒を続けて下さい。2日(火)、鹿児島県肝属郡錦江町の田代で9時40分までの1時間に73.0ミリの雨を観測。宮崎県串間市では4時40分までの1時間に55.0ミリ、鹿児島県の枕崎市で8時04分までの1時間に54.5ミリの非常に激しい雨を観測しています。
29日からの総雨量は、宮崎県えびの市で600ミリを超え、日向市や鹿児島県薩摩川内の八重山で400ミリを超えています。日向市や八重山では、7月の平均雨量を超える量になっています。
雨は、弱まったり止んだりしても、再び発達した雨雲がかかることがあるでしょう。土砂災害に警戒を続けて下さい。
この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック