鹿児島 たった半日で7月ひと月分の雨

2019/07/01 12:46

メイン画像
メイン画像
1日(月)は、鹿児島県薩摩川内市の八重山で平年7月ひと月分に近い雨が半日で降りました。1日(月)は、鹿児島県では、活発な前線の影響で断続的に激しい雨が降っています。薩摩川内市の八重山では、午前9時までの12時間雨量は290.0ミリ。日置市では、午前10時20分までの12時間雨量は278.5ミリ。いずれも平年の7月ひと月分に匹敵する雨が、たった12時間で降ったことになります。また、薩摩川内市の八重山では、12時間雨量が1976年の観測開始以来1位の記録を更新しました。 これまでの雨で地盤が緩んでいます。雨が弱まったり止んだりしても、土砂災害に厳重に警戒して下さい。

あわせて読みたい

  • 梅雨前線 活動が活発な状態続く 関東でも本格的な雨

    梅雨前線 活動が活発な状態続く 関東でも本格的な雨

    tenki.jp

    7/1

    九州 3日梅雨前線活発 災害の危険高まる

    九州 3日梅雨前線活発 災害の危険高まる

    tenki.jp

    7/2

  • 九州南部、1時間50ミリ以上の非常に激しい雨を観測

    九州南部、1時間50ミリ以上の非常に激しい雨を観測

    tenki.jp

    6/28

    鹿児島 朝は滝のような雨 小康状態でも土砂災害警戒

    鹿児島 朝は滝のような雨 小康状態でも土砂災害警戒

    tenki.jp

    7/2

  • 鹿児島県で一時間110.5ミリ 猛烈な雨

    鹿児島県で一時間110.5ミリ 猛烈な雨

    tenki.jp

    7/10

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す