週間 雨量さらに増えるおそれ 週中頃まで大雨警戒 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

週間 雨量さらに増えるおそれ 週中頃まで大雨警戒

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B

画像C

画像C


九州を中心とする大雨は、週の中頃まで続くおそれがあります。総雨量はさらに多くなり、新たな災害が発生することも考えられます。一方、東海など東日本の雨は次第に弱まりますが、多くの所で梅雨の中休みはしばらくお預けとなりそうです。

あすの天気 九州の大雨続く

あす2日(火)も九州から本州の南岸付近に梅雨前線が停滞します。九州や四国は雨や雷雨で、局地的にバケツをひっくり返したような激しい雨が降るでしょう。中国や近畿から北陸は午前中を中心に、東海や関東は昼前後に雨の降る時間がありそうです。東北は、南部を中心に梅雨の晴れ間となりますが、北部は所々で傘の出番があるでしょう。北海道は、午後は急な雨や雷雨にご注意下さい。最高気温は25度くらいの所が多いでしょう。東北は30度に届く所もありそうです。

あさって以降の天気

4日(木)頃にかけて梅雨前線の活発な状態が続きます。引き続き、九州を中心に西日本の地域では、断続的に非常に激しい雨となり、大雨となる所があるでしょう。発達した雨雲が、同じような場所にかかり続ける「線状降水帯」が発生する可能性が高いため、土砂災害に厳重な警戒が必要です。関東から東北は梅雨空の日が多く、4日頃は関東や東海を中心に雨脚の強まることがありそうです。なお、梅雨前線の動きは予想が難しく、雨マークのない日も雨予報に変わることも考えられます。最新の予報をご確認下さい。

大雨の原因は?

今回の大雨は、暖かく湿った南からの空気と西からの空気が、九州付近で合流していることが主な原因と考えられます。この合流点で積乱雲が次々と発達し、同じような場所で長時間にわたって激しい雨を降らせ、大雨ももたらします。条件が揃えば、九州だけでなく、どこでも起こり得る現象と言えます。

ムシムシも続く

この先も日差しが控えめな日が多いですが、南からの暖かく湿った空気が流れ込むため、蒸し暑いでしょう。極端に暑くなる所はほとんどない予想ですが、この先も熱中症にお気を付け下さい。
※日付を一部修正しました。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい