30日~7月1日 九州北部から東海 大雨に警戒 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

30日~7月1日 九州北部から東海 大雨に警戒

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


30日(日)から7月1日(月)、九州北部から東海にかけて、発達した雨雲が同じような場所にかかり続けることが考えられます。災害につながるような雨が降る恐れがあります。警戒して下さい。

29日(土) 広く曇りや雨 九州で夜遅く滝のような雨

29日(土)、梅雨前線が日本海に停滞するでしょう。前線に向かって南から暖かく湿った空気が流れ込みます。特に、九州、東海や北陸付近で、大気の状態が不安定になるでしょう。近畿の日本海側や北陸、東海は、午前中から雲が局地的に発達する見込みです。雷が鳴り、バケツをひっくり返したような激しい雨が降る所があるでしょう。九州では、昼過ぎから雨雲がかかり始め、夕方以降は北部を中心に雨脚が強まる見込みです。熊本では、夜遅くに滝のような雨が降る所があるでしょう。予想される1時間雨量は、多い所で、熊本50ミリ、福岡、佐賀、長崎、大分40ミリ、山口30ミリです。中国地方も夜は雷を伴って、雨が激しく降る所がある見込みです。梅雨の雷を伴う雨は、大雨の前兆で災害の警笛です。

30日(日)~7月1日(月) 九州~東海に発達した雨雲 かかり続ける恐れ

30日(日)、日本海の梅雨前線に向かって、南西から非常に暖かく湿った空気が流れ込みます。前線は、活動が活発になり南下するでしょう。
発達した雨雲が、九州北部や中国地方から北陸にかけてかかる見込みです。局地的に雷を伴って、非常に激しい雨が降るでしょう。雷雲の下では、竜巻などの激しい突風が吹くことがあります。ご注意下さい。
7月1日(月)、梅雨前線の南下に伴って、発達した雨雲は、九州南部、四国や近畿の太平洋側、東海、関東にかかる見込みです。
今回、前線の南下はゆっくりで、非常に暖かく湿った空気が流れ込み続けることが特徴です。同じような場所に雨雲がかかり続けることが考えられます。1時間に50ミリ以上の雨が数時間にわたって降り続くと、土砂災害など大規模な災害につながります。気象情報、自治体の避難情報に注意が必要です。

30日にかけて予想される雨量 7月1日にかけて雨量が多くなる恐れ

予想される雨量は、29日午後6時までの24時間に、多い所で、北陸、東海80ミリ、九州北部、近畿60ミリ、中国地方50ミリです。
その後、30日午後6時までの24時間に予想される雨量は、多い所で、九州北部200~300ミリ、四国、近畿、北陸、東海100~200ミリ、中国地方100~150ミリです。
九州から関東では、7月1日にかけても雨が降り続くため、総雨量はさらに多くなる恐れがあります。雨の降り方に警戒して下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい