台風と梅雨前線 雨のピークは 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

台風と梅雨前線 雨のピークは

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A


九州や中国、四国はあすにかけて、近畿や東海はあす夜から、関東はあさって朝に雨のピークを迎える可能性があります。

台風と梅雨前線の動き

梅雨前線は西日本を北上しており、あす27日(木)は日本海から関東付近に延びるでしょう。熱帯低気圧から変わる台風は、あすの朝には九州南部に接近する見込みです。その後の進路はまだ定まっていませんが、九州から関東は太平洋側を中心に活発な雨雲がかかる可能性があります。また、前線の北上に伴って、北陸や東北でも、あすは次第に雨が降りそうです。

雨のピーク 沖縄、九州、中国、四国

【沖縄】
熱帯低気圧は今夜遅くに本島地方へかなり接近する恐れがあります。本島地方では活発な雨雲や雷雲が次々に流れ込むでしょう。今夜遅くにかけてが強い雨のピークで、局地的には非常に激しい雨が降りそうです。落雷や突風にも注意が必要です。
【九州】
雨のピークは大きく分けて2回ありそうです。1回目は今夜からあす27日(木)の朝にかけて。台風に変わる熱帯低気圧より先に、別の熱帯低気圧が九州の西海上を北上するため、局地的に激しい雨が降りそうです。2回目は、あす昼前から夕方にかけてです。台風(熱帯低気圧)の進路にもよりますが、南部を中心に発達した雨雲がかかり、非常に激しい雨の降る所があるでしょう。
【中国・四国】
きょうも四国ではすでに強い雨が降っている所がありますが、あす27日(木)は広く雨が降るでしょう。特に四国の南側に開いた斜面で雨量が多くなりそうです。雨のピークは午後で、帰宅時間と重なる可能性もあります。局地的には非常に激しい雨が降り、道路があっという間に冠水することも考えられます。

雨のピーク 近畿、東海、関東甲信

【近畿・東海】
あす27日(木)夜から、あさって28日(金)明け方にかけてが雨のピークとなりそうです。短い時間に激しい雨が降り、道路が川のようになる所もあるでしょう。暗い時間に雨が強まりますので、車の運転などは特に注意が必要です。
【関東甲信】
あさって28日(金)の未明から朝に雨のピークとなるでしょう。通勤・通学の時間帯に雨脚が強まり、沿岸部は風も強まって体が濡れやすい雨となりそうです。交通機関が大きく乱れる可能性は低いですが、朝、早めに起きて雨のようすをチェックするとよいでしょう。
【東北】
あす27日(木)の午後は次第に雨が降りだし、28日(金)の日中にかけて雨が強弱をつけて降り続くでしょう。北部を中心に雨の量が多くなりそうです。前線の活動の程度によっては、日本海側を中心に大雨となるおそれもあり、今後の前線の動きに注意が必要です。なお、1枚目の図「雨のピーク」は、26日午後3時現在の資料で作成したものです。台風(熱帯低気圧)の動きは予想にばらつきがあり、進むスピードや進む位置によって、各地方の雨のピークが大きく変わる可能性があります。tenki.jpの日直予報士や豪雨レーダーなど、必ず最新の情報をご確認ください。また、梅雨前線は29日(土)以降も日本付近に停滞して、広い範囲で雨が続く予想です。来週にかけても前線の動きにご注目ください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい