2つの熱帯低気圧が九州へ接近、大雨のおそれ 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

2つの熱帯低気圧が九州へ接近、大雨のおそれ

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A


きょう26日、九州北部地方はようやく梅雨入りしました。平年より21日も遅く、統計開始以来最も遅い雨の季節の始まりで、早速、大雨に対する警戒が必要です。あす27日は、熱帯低気圧や、熱帯低気圧から変わる台風が九州に次々に接近。局地的に非常に激しい雨が降り、大雨となる恐れがあります。土砂災害や河川の増水、低い土地の浸水、発達した積乱雲に伴う落雷や突風に警戒・注意が必要です。

2つの熱帯低気圧が九州へ次々に接近

きょう26日は梅雨前線が九州付近を北上し、雨の範囲が南から広がってくるとともに、ぐっと蒸し暑くなってきました。その梅雨前線は、今夜には一気に朝鮮半島へと北上。代わって、南から2つの熱帯低気圧が九州へ近づいてくる見込みです。
あす27日の朝には、ひとつの熱帯低気圧が対馬海峡へ進み、もうひとつの熱帯低気圧は台風に発達して、九州の南岸へ進んでくるでしょう。

局地的に非常に激しい雨が降るおそれ 土砂災害などに警戒

熱帯低気圧(台風)本体の活発な雨雲の通過や、非常に湿った空気の影響で、九州は27日は局地的に1時間に50ミリを超えるような非常に激しい雨が降り、大雨となる恐れがあります。特に雨の降り方に注意が必要なのは、九州の南部や九州の太平洋側、さらに長崎県など九州の西部などです。土砂災害や低地の浸水、河川の増水、落雷や竜巻などの激しい突風に十分な注意・警戒が必要です。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい