北海道 どうなる「夏空」 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

北海道 どうなる「夏空」

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


今日(25日)の道内は広く晴れて夏空が広がりました。これから先、夏空の日が多くなるのか気になります。そんな中、気象庁から3か月予報が発表されました。北海道では、夏空の日が例年より少なくなるかもしれません。

夏空が恋しい7月

夏の太平洋高気圧の張り出しが弱く、7月は冷たく湿った空気をもたらすオホーツク海高気圧の影響を受けやすくなりそうです。
特に太平洋側やオホーツク海側を中心に平年より曇りの日が多く、気温も平年並みか低くなる見込みです。
夏の日差しと暑さが恋しく感じられる日が多いでしょう。

後半の追い上げに期待

8月は、7月に比べて湿った空気や冷たい空気の影響を受けにくくなる見込みです。
数日の周期で天気が変わり、夏空の広がる日も多くなりそうです。
気温はほぼ平年並みで、夏本番の暑さとなるでしょう。
海にプール、花火やビアガーデンなど、夏を満喫できますが、夏はにわか雨など天気の変化が激しくなる時期でもあります。天気予報をこまめにチェックして、お出かけの計画を立ててください。
9月も高気圧に覆われ、晴れる日が多くなるでしょう。
気温は平年並みか高めで、残暑が厳しい日もある見込みです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい