25日 広く晴れて蒸し暑い 西は次第に天気下り坂 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

25日 広く晴れて蒸し暑い 西は次第に天気下り坂

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B

画像D

画像D


きょう25日(火)は、本州付近は移動性の高気圧に覆われます。気圧の谷や上空の寒気は次第に東に離れるため、雨が降ったとしても、きのうのようにザッと強く降ることはなさそうです。

きょうの天気 広く晴れる

九州から関東と北海道は、日中は広い範囲で晴れるでしょう。静岡や関東では所々でにわか雨がありますが、降っても弱く一時的なものとなりそうです。東北も多くの所で日差しがありますが、夕方にかけて局地的に雨が降るでしょう。沖縄は梅雨空で、雷を伴う所がありそうです。

九州では次第に天気崩れる

広く高気圧に覆われる本州付近ですが、南西諸島付近にある梅雨前線がゆっくりと北上しています。夜になると九州南部付近まで北上する予想で、九州は午後になると南から次第に雨雲が広がるでしょう。晴れていても、折り畳みの傘をお持ち下さい。

きょうの気温 西日本では真夏日の所も

日中は広く強い日差しが届くこともあり、九州から東北は気温が25度から30度くらいまで上がる所が多いでしょう。静岡や関東、東北はきのうのヒンヤリとした空気は解消し、夏の蒸し暑さが戻りそうです。北海道も25度以上の夏日となる所があるでしょう。熱中症にご注意下さい。

日の入りが最も遅い時期に

先日22日(土)は一年で最も昼間の時間が長い「夏至」となりました。一方、日の入りの時刻が一年で最も遅くなるのは、多くの所で夏至を少し過ぎた頃となります。日の入り時刻は、名古屋ではきょう25日から7月4日にかけてが19時11分、東京も7月4日にかけて19時1分で、一年で最も日没が遅くなります。晴れる所では、ちょうど帰宅した頃に、きれいな夕日が見られるかもしれません。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい