火曜は貴重な晴れ間 一転 7月にかけ大雨のおそれ 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

火曜は貴重な晴れ間 一転 7月にかけ大雨のおそれ

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A


25日(火)は九州から北海道の広い範囲で晴れて暑くなりそうです。しかし一転、26日(水)以降は次第に西日本も雨の季節へ。7月にかけて大雨のおそれも。

火曜は広く晴れて暑い

25日(火)は日本付近は広く高気圧に覆われるでしょう。関東や北陸、東北は朝まで雨の残る所がありますが、次第に天気が回復して、九州から北海道の広い範囲でおおむね晴れる見込みです。ただ、関東の一部の地域では大気の状態が不安定でにわか雨がありそうです。九州は天気が下り坂で、夜になると雨の降る所があるでしょう。西日本を中心に最高気温30度以上の真夏日の所が多く、内陸部では32度から33度くらいまで上がる所がありそうです。24日(月)は梅雨寒となった関東など東日本も30度近くまで上がる所もあり、暑くなるでしょう。前日との気温の差が大きくなりますので、体調管理にご注意ください。

西日本の梅雨入りもついに?

6月も下旬に入り、まもなく7月ですが、このまま本格的な夏に突入とはいかないでしょう。しばらく日本の南に停滞していた梅雨前線は、26日(水)頃には九州付近まで北上するでしょう。九州や四国では次第に雨が降り出す見込みです。27日(木)頃には前線はさらに東に延びて、活動が活発になり、中国、四国付近にかかりそうです。記録的に梅雨入りの遅れている、九州北部や四国、中国、近畿もようやく雨の季節へと移り変わりそうです。日本の東には高気圧があるため、暖かく湿った空気が日本付近に流れ込みやすく、梅雨入り早々、大雨になる可能性もあります。また昨年は統計開始以来最も早く6月29日ごろに梅雨明けとなった関東甲信地方も今年はまだ梅雨が続きそうです。その後も、週末から7月のはじめにかけて梅雨前線が東北から中国、九州に停滞しますので、西日本や東日本を中心に雨量が多くなるおそれがあります。雨量が多くなると、土砂災害や河川の増水、氾濫といった被害につながるおそれがあります。万が一に備えて避難場所を確認したり、非常持ち出し品の用意をしておくなど、あらかじめ大雨への備えをしておくと安心です。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい