さくらんぼ おいしい宝石 初夏の味 東北 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

さくらんぼ おいしい宝石 初夏の味 東北

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B

画像D

画像D


さくらんぼ王国の山形県では、最高級品で主力品種の【佐藤錦】の収穫の最盛期を迎えています。22日(土)と23日(日)は、東北地方は雨の降るところが多いでしょう。お出かけにはあいにくの天気ですが、さくらんぼ狩りは雨天でも楽しめます。

22日(土)夏至 雷鳴が聞こえたら屋内へ

上空に寒気を伴った低気圧が日本海から近づいてくる予想です。また、東北地方には、日本の南に停滞する梅雨前線付近の暖かく湿った空気が流れ込んで、大気の状態が不安定になるでしょう。雨の降るところが多く、午後は日本海側を中心に雷を伴って雨脚の強まるおそれがあります。落雷や突風、急な強い雨にお気をつけください。遠くで雷鳴が聞こえたり、辺りが急に暗くなったりするときは、雷雲が近づいているサインです。落雷のおそれがありますので、建物や車の中に移動するようにしましょう。また、山形県沖地震で揺れの強かった地域では、地盤が緩み、少しの雨でも土砂災害が起こることがあります。土のにおいがしてきたり、落石などがあるなど、いつもと違った様子がある場合は、土砂災害の起こるおそれがあります。近づかないようにしましょう。

23日(日) 落雷や濃霧に注意

梅雨前線が北上して、前線上の低気圧が関東の東海上に進むでしょう。東よりの風の影響で太平洋側は雲が広がり、低気圧に近い南部は雨の降るところがありそうです。朝晩は霧のかかるところがありますので、ドライバーの皆様は、ライトをつけてスピードを落とすなど、濃い霧による見通しの悪さにお気をつけください。また、上空に寒気を伴った低気圧が東北北部に近づくでしょう。このため、日本海側も雲の多い天気で、午後は北部を中心ににわか雨や雷雨がありそうです。

日本海側は熱中症に注意

22日(土)と23日(日)の最高気温は、21日(金)と同じくらいか低くなりそうです。太平洋側沿岸地域の最高気温は、オホーツク海高気圧から冷たく湿った空気が流れ込む影響で、20度くらいになるところが多い予想です。空気がひんやりして、羽織物など上着が必要になりそうです。一方、日本海側は25度以上の夏日のところがあるでしょう。【さくらんぼ】の収穫の最盛期を迎えている山形も夏日の予想です。湿度も高めで蒸し暑く感じられそうです。さくらんぼの収穫など、屋外作業中は、こまめな水分補給や休憩を取りながら、熱中症予防を心がけましょう。

今が旬です!!山形の【さくらんぼ】

山形県は、さくらんぼの生産量日本一を誇り、最高級品種の【佐藤錦】が収穫の最盛期を迎えています。主な生産地は、山形盆地とその周辺です。さくらんぼの観光果樹園もオープンし、さくらんぼ狩りを楽しみにしていた観光客で賑わいます。【佐藤錦】の旬は、6月末にかけてで、佐藤錦より大粒で甘味が強い人気品種の【紅秀峰】は、佐藤錦より少し遅れて7月上旬にかけてが旬となります。

果樹園の宝石 山形の【さくらんぼ】

山形市の南隣の上山市のさくらんぼ果樹園では、先週末15日(土)から16日(日)にかけて東北地方を通過した低気圧により強まった雨や風の影響で、ビニールテントが飛んだり、枝が揺れて実に傷がついたものが若干あるそうです。ただ、今年のさくらんぼは、遅霜による大きな被害もなく、例年通りたくさん実っているとのことです。甘酸っぱい果樹園の宝石をぜひ味わってみてくださいね。

もぎたてが一番 山形の【さくらんぼ】

スーパーでも、たくさんのさくらんぼが並びます。ただ、さくらんぼは、もぎたてが一番です。もぎたてを味わうには、【さくらんぼ狩り】がおすすめです。さくらんぼを狩りは、雨除けがあり、雨を気にせず楽しますので、もぎたても味わってみてください。
さくらんぼの季節は、道路は渋滞が予想されます。いつもより少し早めの出発がおすすめです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい