週間 土日は局地的に雨雲発達 木曜頃は西で広く雨に 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

週間 土日は局地的に雨雲発達 木曜頃は西で広く雨に

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


あす22日(土)と23日(日)も大気の状態が不安定で、局地的に雨雲やカミナリ雲が発達。27日(木)頃は、前線や低気圧の影響で西日本の広い範囲で雨に。

あすも 急な強い雨や雷雨に注意

あす22日(土)も、上空の寒気の影響で大気の状態は不安定。あちらこちらで雨や雷雨となるでしょう。特に雨の降る確率が高いのは「北海道と東北」です。寒気が居座るうえに気圧の谷が近づくため、雨雲が湧きやすくなります。
【天気】
北海道と東北は一日雲が多く、ときおりザッと雨が降ります。カミナリが鳴ったり、雨脚の強まることも。特に東北の太平洋側では、激しく降る所がありそうです。
北陸や関東から九州にかけては日差しがありますが、山沿いを中心に所々でにわか雨や雷雨があるでしょう。日本海側の早い所では午前中から雨雲が湧きます。
沖縄は、先島諸島と大東島地方は晴れ。本島地方は梅雨空で夜に雨が降りそうです。
【最高気温】
北海道と東北は、この時期らしい気温で、23度前後の所が多いでしょう。
北陸や関東から西は平年よりやや高く、広い範囲で28度から30度くらいまで上がる見込みです。

あさって以降

23日(日)も、大気の不安定な状態が続きます。雲の間から日の差すことはあっても、午後はあちらこちらで雨雲が発達するでしょう。特に雨の降る確率が高いエリアは「北陸・関東・東海・近畿」です。
24日(月)から25日(火)は晴れ間が広がってきますが、26日(水)は天気が西からゆっくり下り坂に向かうでしょう。
低気圧や前線が近づくため、27日(木)は、九州から近畿にかけて広く雨で、次第に本降りになりそうです。水不足が懸念されている西日本ですが、このタイミングで長雨の季節に入るかもしれません。なお、低気圧の進路や発達の度合いなどによっては、28日(金)にかけて雨脚が強まるおそれもあります。雨の強まる時間帯や降る量などの詳細は、今後の情報をご確認ください。
気温は全国的に平年並みか高く、蒸し暑さの続く所が多いでしょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい