関東 平野部で雲が発達 局地的な激しい雨に注意 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

関東 平野部で雲が発達 局地的な激しい雨に注意

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B


きょう(21日)、関東地方では、平野部で発達した雲を確認。午後を中心に雷が鳴り、激しい雨が降る所がある見込みです。局地的に大雨になる恐れがあります。

雨雲 平野部で発達中

関東甲信地方では、きょう(21日)、南から暖かく湿った空気が流れ込んでいます。上空には寒気を伴った気圧の谷が通過中で、大気の状態が不安定になっています。すでに、千葉や茨城など平野部で発達した雲が見られます。気温が上がる午後は、更に大気の状態が不安定になり、所々で雲が発達する見込みです。

午後を中心に雨雲が発達

11時現在、アメダスの地点では、強い雨は観測されていませんが、午後を中心に雷を伴って、1時間に30ミリ以上の激しい雨が降り、大雨になる所があるでしょう。1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降る恐れもあります。1時間に50ミリ以上の雨が降ると、水しぶきで当たり一面が白っぽくなり、視界が悪くなることがあります。車の運転は危険です。
雨雲が発達するピークは、平野部では夕方にかけて、北部の山沿いでは夕方から夜のはじめ頃です。
これまでの降った雨により、地盤の緩んでいる所もあるため、土砂災害などに警戒が必要です。また、発達した雲の下では、突風が吹いたり、雹(ひょう)が降る恐れがあります。ご注意下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい