21日関東 蒸し暑さが続く 急な雨や雷雨の所も 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

21日関東 蒸し暑さが続く 急な雨や雷雨の所も

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


関東は気温も湿度も高く、真夏日に迫る暑さの所も。北部を中心に、急な雨や雷雨にも注意。

天気のポイント

21日金曜日の関東は、午前4時半現在、スッキリしない天気で、栃木県や埼玉県では雨雲のかかっている所があります。関東は、20日木曜日から21日金曜日に日付が替わる頃、北部で局地的に雨が強まり、群馬県榛名山では、1時間に48.5ミリの激しい雨を観測しました。
関東は、21日金曜日の日中も雲が広がりやすいですが、晴れ間もでるでしょう。ただ、北部を中心に「天気が変わりやすい」のがポイントです。日が差していても、急に雨が降り、雨脚の強まる所がありそうです。お出かけには、念のために、雨具をお持ち下さい。洗濯物は、南部では外に干せる所が多いですが、北部は部屋干しが安心です。
さらに、夕方以降は「大気の状態が不安定」になるので、北部の内陸部を中心に、局地的にカミナリ雲が発達するでしょう。落雷や竜巻などの突風、急な強い雨に注意が必要です。真っ黒い雲が近づいてきたり、ゴロゴロと聞こえたり、急に冷たい風が吹いてきたら、カミナリ雲が近づいているサインです。頑丈な建物の中に避難するなど、すぐに安全な所へ避難して下さい。

気温のポイント

21日金曜日の気温は、南部を中心に、朝からこの時期にしては高くなっています。午前3時の気温は、20度前後の所が多く、東京都心では22度9分でした。
日中の気温は、昨日と同じくらいでしょう。内陸部を中心に、30度近くまで上がる予想です。
ただ、気温だけでなく「湿度も高い」のがポイントです。湿度が高いと、熱中症にかかるリスクが高まります。お出かけの際は、風通しの良い服装がおススメです。汗をかく前から水分補給ができるよう、飲み物を持ち歩くのも良さそうです。お部屋の中でも無理をしないで、適度にエアコンを使って、涼しくして下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい