北海道 大雨に注意 道北は暴風

tenki.jp

今日(16日)の北海道付近は、前線を伴った低気圧が近づき、気圧の傾きが大きく、大気の状態が不安定になるでしょう。広い範囲で大雨となる恐れがあり、道北の一部では暴風に警戒が必要です。

宗谷地方 夕方から夜 暴風に

宗谷地方では、今日の夕方から夜にかけて、最大瞬間風速35メートルと、非常に強い風となる恐れがあります。大人でも、何かにつかまっていないと立っていられない風となり、車の運転が困難になることもあるでしょう。暴風によって電線が切れて、停電につながる可能性もあります。今日の宗谷地方の稚内の日の入りの時刻は、午後7時24分と、夏至が近づき、日が沈むのは遅くなってきていますが、暗くなる前に、停電への備えを進めておくようにしてください。

局地的に激しい雨も

今日は全道的に雨となり、道東では局地的に1時間に40ミリ、その他の地域でも30ミリと、激しい雨となる恐れがあります。大気の状態が不安定になっているため、雷雨となることもあるでしょう。午前6時の函館では、雷が観測されています。風を伴い、横なぐりの雨となることもありそうです。明日の明け方までの24時間に降る雨の量は、道東の多い所で100ミリ、その他の地域では90ミリに達するでしょう。局地的には6月の平年のひと月分に相当する雨が1,2日で降る可能性があります。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水などに注意して下さい。

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック