低気圧北上 九州大雨のおそれ 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

低気圧北上 九州大雨のおそれ

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A


梅雨前線上の低気圧が、あす15日に九州付近を北上し、九州は大雨となる恐れがあります。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水などに十分な注意、警戒が必要です。また、低気圧は発達しながら九州を通過するため、海や山を中心に風も強まり、やや荒れた天気となるでしょう。強風や高波にも十分お気をつけ下さい。

活発な雨雲が次々に九州へ

九州は、すでに南部から雨の範囲が広がってきています。
低気圧は、今夜遅くからあす15日の朝にかけて発達しながら九州南部付近を通過する見込みで、今夜は九州各地で次第に雨が本降りとなってくるでしょう。雨の降り方で注意が必要なのは、まず、湿った東風の影響を受けやすい太平洋側。加えて、今回は西からも活発な雨雲が流れ込んでくる見込みで、今夜遅くは対馬海峡や東シナ海の沿岸部でも次第に激しい雨が降りだすでしょう。あす15日にかけて、九州は多い所で150ミリの大雨となる恐れがあります。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水などに十分な注意、警戒が必要です。

強風と高波にも注意を

九州は、これからあす15日にかけて沿岸海上や山沿いを中心に風も強まり、やや荒れた天気となる見込みです。九州の外海はしける所もありますので、強風と高波にも十分ご注意下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい