父の日は大荒れのおそれ 東北 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

父の日は大荒れのおそれ 東北

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B


発達しながら低気圧が近づいて、15日(土)から16日(日)にかけて、東北地方は広い範囲で嵐になるおそれがあります。陸上、海上ともに、大雨、強風(暴風)、高波などの気象情報や、自治体から出される情報はすぐに確認できるようにしておきましょう。

早めの備えを 急速に低気圧発達!!

15日(土)から16日(日)にかけて、前線を伴った低気圧が、発達しながら東北地方を北上するでしょう。南部は15日(土)の朝から雨が降り、午後には北部でも雨が降る予想です。風も次第に強まり、暖かく湿った空気が吹き付けて、大気の状態が不安定になるでしょう。太平洋側の南東斜面では、雷を伴って、バケツをひっくり返したような雨が降ったり、雨量が多くなるおそれがあります。また、低気圧の中心付近に近い日本海側の地域でも、局地的に雨量が多くなるおそれがあります。側溝の掃除や買い物などは、南部は今日のうちに、北部は明日の午前中までにしておくとよいでしょう。また、雨や風の強まる時間帯は15日(土)の夕方から16日(日)にかけてで、暗い時間帯になるおそれがあります。気象情報や自治体から出される情報は、すぐに確認できるようにしておきましょう。

長引く雨で土砂災害に注意

低気圧の動きは遅いでしょう。このため、太平洋側は、南から東よりの暖かく湿った風が長時間吹き付ける予想です。15日(土)は断続的に雨で、雨が止むのは16日(日)の夜になるところが多いでしょう。日本海側は、低気圧が東海上に抜けたあとも気圧の谷や寒気の影響が残り、17日(月)にかけて強弱を繰り返しながら雨が断続して降る予想です。長い時間続く雨により、土砂災害が起こったり、河川が増水することも考えられます。急な崖や、増水した川や用水路には近づかないようにしましょう。

強まる風 荒れる海

低気圧が日本海沿岸を北上する15日(土)は、南から東よりの風が強まり、太平洋側を中心に海上は大荒れとなるおそれがあります。また、低気圧が東北地方から次第に離れていく16日(日)は北から西よりの風が強まり、日本海側の海上も大荒れとなるでしょう。海岸付近は大変危険ですので、出来るだけ近づかないようにしましょう。また、沿岸地域でも強まる風の影響を受けて、鉄道など交通機関が乱れる可能性があります。お出かけの予定がある方は、時間に余裕を持って移動しましょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい