14日 西日本は非常に激しい雨も 雨雲は次第に東へ 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

14日 西日本は非常に激しい雨も 雨雲は次第に東へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


きょう14日(金)は沖縄と九州南部を中心に局地的に非常に激しい雨が降るでしょう。次第に西から東へ雨の範囲が広がり、東海や関東も夜は次第に雨の降る所がありそうです。

天気は西から下り坂

きょう14日(金)は、高気圧は日本の東へ移動するでしょう。かわって、九州の南には低気圧が近づいて、本州付近には前線が北上してきます。天気は西から下り坂に向かうでしょう。
<各地の天気>沖縄は雨で、非常に激しく降る所があるでしょう。土砂災害や低い土地の浸水などにお気をつけください。九州南部も雨で、激しく降る所がありそうです。九州北部と中国、四国は、昼ごろから雨で、近畿は夜から雨になるでしょう。所々で激しく降ったり、雨脚が強まったりすることもあるでしょう。東海は午前中は晴れますが、午後は雲が多くなって夜遅くには雨が降りだしそうです。関東から東北は日中は晴れて洗濯日和になるでしょう。あす15日(土)は雨の一日となるため、きょう14日(金)の日差しを有効に使うと良さそうです。北海道は午前中に霧で見通しの悪くなる所がありますが、次第に晴れるでしょう。

熱中症に注意

最高気温は25度以上の夏日の所が多いでしょう。那覇は29度ときのうより2度高くなりそうです。鹿児島は25度、高知は24度ときのうより4度低く、5月上旬並みから中旬並みでしょう。福岡と広島は27度、大阪は28度でムシムシしそうです。名古屋と東京は26度とこの時期らしい気温になるでしょう。金沢は29度、新潟と秋田は28度とかなり暑くなりそうです。仙台は26度と7月中旬並みでしょう。札幌は26度ときのうより8度高く、11日ぶりの夏日になりそうです。北日本を中心にきのうよりも気温がグッと高くなりますので、体調管理にご注意ください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい