東日本中心にあすも傘の出番 近畿など梅雨の気配なし 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

東日本中心にあすも傘の出番 近畿など梅雨の気配なし

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像C

画像C


あす12日(水)の本州付近は西から高気圧に覆われますが、上空の寒気の影響が続きます。この寒気の影響で、きょうは西日本中心に雨や雷雨となりましたが、あすは東日本を中心ににわか雨や雷雨があるでしょう。

あすの天気 東日本はにわか雨注意

あすは九州と四国はおおむね晴れて、中国や近畿も日が差すでしょう。中国と近畿では所々でにわか雨がありますが、きょうのように広範囲で降ることはなさそうです。東北や北陸、関東は雲が多く、午後を中心に局地的に雨や雷雨があるでしょう。激しく降ることもあるため、空模様の変化にご注意下さい。東北は昼頃から晴れますが、北海道は雲が広がるでしょう。なお、太平洋側では北寄りから東寄りの風が強まる所がありそうです。

あすの最高気温 西日本は汗ばむ陽気

日差しの届く九州から近畿は27度前後の所が多いでしょう。関東は東からの冷たく湿った空気の流れ込みが続くため、あすも気温は低めで22度くらいの予想です。東海や北陸は24度前後、東北と北海道は広く20度くらいで、比較的過ごしやすい気温でしょう。

近畿などの梅雨入りは遅れ気味

関東甲信などはすでに梅雨入りの発表がありましたが、九州北部と中国、四国、近畿はいまだ発表がありません。きょうの雨や雷雨も梅雨前線が原因でなく、上空の寒気や湿った空気によるにわか雨です。平年ですと6月7日頃には西日本の全域が梅雨入りしますが、今年はきょうまでに九州南部のみ。この先は金曜日から土曜日にかけて雨の所がある予想ですが、その後は再び晴れる見込みで、梅雨前線が近畿付近に停滞する気配はありません。九州北部から近畿の今年の梅雨入りは、かなり遅くなるかもしれません。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい