週間 沖縄・奄美は大雨の恐れ 週半ば本州で雨雲発達 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

週間 沖縄・奄美は大雨の恐れ 週半ば本州で雨雲発達

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B


沖縄や奄美は、梅雨前線の影響で11日(火)にかけて大雨の恐れ。九州から東北も、11日(火)から13日(木)は上空の気圧の谷の影響で、局地的に激しい雨。

9日(日)南西諸島で大気の状態が非常に不安定 関東付近には湿った空気

9日(日)は、梅雨前線が日本の南から東シナ海、更に大陸にかけて延びています。前線に向かって南から暖かく湿った空気が流れ込んでいます。前線がかかる南西諸島では大気の状態が非常に不安定になっています。朝、鹿児島天城町で1時間に34.0ミリ、与論島で29.5ミリの雨を観測しました。
関東や東海付近には、東の海上から湿った空気が流れ込んでいます。関東や東海では、雲に覆われて、スッキリしない空模様。所々で1時間に数ミリの弱い雨が降りました。午後2時の気温は、20度に届いている所は少なくなっています。

11日(火) 「入梅(にゅうばい)」 梅雨前線は日本の南に停滞

11日(火)は、雑節のひとつ「入梅(にゅうばい)」です。梅が黄色く色づく頃で、暦の上で梅雨入りとなります。この先、梅雨前線は日本の南に停滞する見込みです。沖縄や奄美では、10日(月)から11日にかけて大雨になる恐れがあります。九州から東北では、11日から13日(木)にかけて、雷が鳴り激しい雨が降る所があるでしょう。

沖縄・奄美の天気

沖縄や奄美は、10日(月)から11日(火)にかけても、梅雨前線の影響で、大気の非常に不安定な状態が続くでしょう。断続的に雨が降る見込みです。雷を伴って、降り方が強まることがあるでしょう。災害が発生するような雨になる恐れがあります。12日(水)から13日(木)は、前線は、やや南下する見込みです。日が差すことがあるでしょう。14日(金)以降は、前線が再び沖縄付近まで北上する可能性があります。

九州~北海道の天気

九州から近畿は、10日は、雲が多いながらも、日差しが届く所があるでしょう。山沿いを中心に、にわか雨がありそうです。関東付近には、オホーツク海に中心を持つ高気圧が張り出してくる見込みです。東風が吹き、湿った空気の流れ込みが続きます。関東甲信や東海では、雲に覆われて、雨が降ったり止んだりでしょう。関東では雨は強く降ることはない見込みです。東海や甲信では 大気の状態が不安定になるでしょう。雷が鳴り、雨が激しく降る所がある見込みです。北陸も雨や雷雨でしょう。東北と北海道は、雲が広がりやすく、所々で雨が降る見込みです。
11日から13日にかけて、上空の気圧の谷が、本州付近をゆっくり通過するでしょう。九州から東北にかけて、大気の状態が不安定になる見込みです。晴れていても、局地的に雲が発生し、発達する可能性があります。発達した雲の下では、雷が鳴り、激しい雨が降るでしょう。まだ梅雨入りの発表がない地域でも、雨の降り方に十分な注意が必要です。北海道は、晴れ間があるでしょう。
14日以降は、本州付近は高気圧に覆われる見込みです。九州から北海道にかけて、日差しが届く日が続くでしょう。ただ、上空の気圧の谷の影響を受ける可能性があります。安定した晴れとはいえそうにありません。
最高気温は、10日は雲に覆われる所では、平年より低いでしょう。関東では4月並みの予想です。日差しが届く所では、ほぼ平年並みか高い見込みです。13日以降は、平年より高くなる所が多いでしょう。7月並みになる所もある予想です。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい