関東6日 真夏の暑さ 熱中症に警戒を 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

関東6日 真夏の暑さ 熱中症に警戒を

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B


今日の関東は、移動性高気圧に覆われるため、広く晴れ。午前中から夏日になる所が多く、最高気温は広く真夏日に。強烈な暑さになるため熱中症に警戒を。

関東は広く晴れ

きょう6日(木)の関東地方は、本州の南を移動する高気圧に覆われる見込みです。午前4時の東京都心は、天気はほぼ快晴、気温は18度8分、西の風が0.8メートルと弱く、湿度99パーセントでした。昨日の同じ時刻と比べて、気温が2度ほど低めで、空気がしっとりとしていました。このほかの関東各地も、きのうの朝より気温が低めで、しっとりとした朝でしたが、平年より高めの所が多くなりました。
けさは、きのうの名残りの雨雲が、関東北部の一部にありますが、日が高くなるにつれて消滅する見込みです。日中は関東各地で晴れるでしょう。午後になって雲の現れる所がありますが、きのうのような突然の雨はないでしょう。もう半月もすると「夏至」になり太陽は一年で一番高い所に達します。それだけ6月の晴れ間は、日ざしが強烈です。tenki.jpの紫外線指数は、人体に影響を与える有害紫外線量を計算し、紫外線の強さをランクで表しています。他の指数と異なり、日中積算予測と時間別予測を行っています。「やや強い」レベルからは紫外線対策を呼び掛けていますが、きょうは最大ランクの「きわめて強い」です。日傘やつばのある帽子、日焼け止めクリームを塗るなど紫外線対策をなさって下さい。

真夏並みの暑さ 熱中症に警戒を

きょうの関東は、朝から気温が急上昇する見込みです。午前中に25度以上の夏日になる所が多く、最高気温は、海沿いや山あいを除いて、広く30度以上で、真夏日になる予想です。都心では、5月27日以来10日ぶりの真夏日。強烈な暑さ復活です。
最小湿度は、内陸では30パーセント台まで下がりますが、都心は40パーセント台の予想です。体を少し動かすだけで、じっとり汗をかいてしまうでしょう。
熱中症にかからないよう、意識的に水分補給をなさって下さい。小さなお子様やご高齢の方には、周囲の方々が気を配って下さい。屋外で作業をされる方は、時間を決めて日陰で休憩を取りましょう。

青空 大きめの洗濯物はきょう中に

あすからは低気圧や前線の影響の影響で、曇りや雨の日が多くなると予想しています。ジーンズやシーツなど大きめのものや厚手のものでも、きょうは短い時間ですっきりと乾くでしょう。もう少しで梅雨入り。貴重な晴れ間を有効にご利用下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい