今週天気 風薫る季節から雨の季節へ 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

今週天気 風薫る季節から雨の季節へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


5日(水)から6日(木)にかけて、関東から西では再び真夏のような暑さに。東日本を中心に大気の状態が不安定となり、にわか雨や雷雨の所も。7日(金)からは、九州から関東にかけても梅雨入りの可能性がある。

5日と6日は晴れても、空模様の急な変化に注意を

5日(水)と6日(木)も本州付近は高気圧に覆われて、広い範囲で晴れる見込みです。強い日差しに加えて、高気圧周辺の暖かく湿った空気が本州へと流れ込むため、日中の気温はグングン上昇するでしょう。関東、北陸から西では、30度くらいまで上がる所が多く、真夏のような暑さになりそうです。まだ、体は暑さに十分慣れていませんので、熱中症には注意が必要です。また、東日本の上空には強い寒気が流れ込む予想です。東日本を中心に大気の状態が不安定となり、雨や雷雨になる所があるでしょう。落雷や突風、ひょうなどにもご注意下さい。

7日以降は、関東以西でもいよいよ長雨の季節に

7日(金)から8日(土)にかけて、日本の南にのびる梅雨前線が北上する見込みです。東日本や西日本の広い範囲で雨が降るでしょう。カミナリを伴って雨脚の強まる所もありますのでご注意下さい。なお、九州から関東にかけては、9日(日)も太平洋側を中心に曇りや雨となり、天気はぐずつきそうです。ひょっとすると、7日以降に梅雨入りする所が出てくるかもしれませんので、6日(木)までの日差しは貴重になりそうです。

カラッとした暑さからムシっとした暑さへ

これまでは、晴れて気温が上がっても空気が乾いていることが多く、割と過ごしやすく感じられました。これから梅雨の季節になると、日差しは少なくなりますが、南から暖かく湿った空気が断続的に流れ込み、蒸すような暑さへと変わります。駅地下などの人が集中する所では、より湿度が高くムシムシしますので、体調管理には十分注意が必要です。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい