九州南部は梅雨入り早々大雨に 本州の梅雨は?

tenki.jp

メイン画像 (16:43)tenki.jp

メイン画像 (16:43)tenki.jp

土曜は晴れて暑くなる所が多いでしょう。日曜は九州南部で局地的に滝のような雨が降り、大雨となる所も。九州北部から関東も曇りや雨に。梅雨入りは?

金曜 九州南部が梅雨入り

きょう31日(金)は、九州南部が梅雨入りしました。週末、梅雨前線は沖縄から本州の南海上に延びるでしょう。1日(土)は、本州付近は高気圧に覆われて晴れる所が多いですが、2日(日)は、九州の南の前線上に低気圧が発生して東へ進むため、西日本を中心に雨雲のかかる所がありそうです。

土曜 広く晴れ 南と北は傘を

6月のスタートは日差しの届く所が多くなりそうです。ただ、南と北は雨雲がかかります。1日(土)、沖縄は梅雨空が続き、断続的に雨が降るでしょう。カミナリが鳴ってザッと雨脚の強まる所がありそうです。きょう梅雨入りした九州南部も所々で雨が降るでしょう。九州北部は晴れ間が出ますが、朝晩はにわか雨の所がありそうです。中国、四国から東北南部は、日中は広い範囲で晴れるでしょう。朝晩を中心に雲の広がる所もありますが、にわか雨はなさそうです。東北北部と北海道も日差しの届く所がありますが、気圧の谷の通過に伴って、昼頃からはにわか雨や雷雨の所があるでしょう。屋外では空模様の急な変化にご注意ください。

日中は暑くなる

朝の最低気温は、平年並みか高い所が多いでしょう。冷え込むことはないものの、中国、四国から関東ではけさより3度前後低くなるため、薄着だと羽織る物が欲しくなるかもしれません。日中の最高気温も、平年並みか高い所が多いでしょう。雨の降る九州南部は25度くらいですが、九州北部から関東、東北南部は27度前後と汗ばみそうです。運動会を予定している学校も多いかと思いますが、できる限り日差しを避け、こまめな水分補給を忘れないようにしてください。東北北部や北海道は24度前後と、夏日になる所もあるでしょう。7月並みの所もあり、暑さ対策が欠かせません。

日曜 西日本中心に曇りや雨

2日(日)は、西日本で傘が必要になりそうです。沖縄は引き続き雨が降ったりやんだりです。九州南部は一日雨が続き、活発な雨雲がかかるでしょう。局地的には非常に激しい雨が降り、雨の量が多くなる恐れがあります。九州北部も雨が降りやすいでしょう。中国地方は次第に雲が厚くなります。四国は昼頃から太平洋側を中心に雨が降りそうです。近畿や東海、北陸、関東は雲が広がりやすくなります。夕方以降は紀伊半島や伊豆半島、房総半島など太平洋沿岸部に雨雲がかかる可能性があります。梅雨前線の動きによっては予報が変わってきますので、最新の天気予報をご確認ください。お出かけ先では「雨雲の動き」や「豪雨レーダー」をチェックするとよいでしょう。東北と北海道はおおむね晴れて、行楽にもよさそうです。朝の最低気温、日中の最高気温ともに平年並みか高い所が多いでしょう。雨雲がかかる九州や四国は25度に届かない所もありますが、中国地方から関東にかけては27度前後の予想です。湿気が増えて、蒸し暑く感じられるでしょう。東北や北海道はさらに気温が上がって、30度に迫るような暑さとなる所もありそうです。お出かけの際は飲み物を用意するなど、熱中症にならないよう、対策をとりましょう。

6月は雨の季節 梅雨入りは?

6月上旬は九州北部から関東甲信で続々と梅雨入りする頃です。3日(月)から5日(水)は梅雨前線が本州付近に停滞することはなく、高気圧に覆われる見込みです。6日(木)は前線を伴った低気圧が近づくため、西から雨が降りだし、7日(金)は広く雨が降るでしょう。この雨のタイミングで梅雨入りとなる可能性もありますが、10日間予報では、再び晴れる所が多くなっています。前線の動きには予想にばらつきがありますので、最新の情報をご確認ください。

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック