31日の関東 「急な雨」と「蒸し暑さ」に注意 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

31日の関東 「急な雨」と「蒸し暑さ」に注意

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


5月最終日は雨のもとになる湿った空気が入るので、午後は傘があると安心。ムシムシするので、風通しの良い服装でお出かけ下さい。

「天気」のポイント

30日木曜日の関東は、日差しがたっぷりで、東京都心では3日ぶりに日照時間が10時間を超えましたが、31日金曜日は、天気が一転するでしょう。すでに、南風によって湿った空気が流れ込んできているため、雲が広がってきています。東京の午前3時の天気は「曇り」でした。
日中も、スッキリしない天気で、雲がだんだん厚くなるでしょう。天気のポイントは「午後は、あちらこちらで、急に雨が降ること」。傘のマークがない所でも、お出かけには、雨具をお持ちになると安心です。洗濯物は、なるべく早い時間から干して早く取り込むか、午後もお出かけの方は、念のためにお部屋の中に干して下さい。
平野部では、雨は降ったとしても、弱い雨でしょう。5月最後の金曜日(令和最初のプレミアムフライデー)で、お帰りの遅い方もいらっしゃるかと思いますが、沿岸部では、夜遅くなっても、にわか雨の所がありそうです。

「気温」のポイント

南風が吹いているので、31日金曜日の気温は、未明から平年よりも高くなっています。東京の午前3時の気温は19度9分と、6月中旬並みでした。日中は、30日木曜日よりも日差しが少ないので、最高気温は30日木曜日と同じか2~3度くらい低く、25度~26度くらいの所が多い予想です。
ただ、湿った空気の影響で、日差しが少なくても、昼間はムシムシするでしょう。「気温がそれほど高くなくても、湿度が高い」のがポイントです。体感的にはムシムシ感が増して、駅など特に人の多い所では、汗をかきやすくなりそうです。お出かけには、風通しの良い服装をしたり、飲み物を持ち歩いたりするのがおススメです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい