屋久島で50年に一度の大雨 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

屋久島で50年に一度の大雨

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


本日18日 鹿児島県屋久島町では50年に一度の記録的な大雨になっている所があります。あすにかけて土砂災害に警戒が必要です。南から次々と湿った空気が流れ込んでいる影響で、九州では南部を中心に局地的に雨雲が発達しています。屋久島町では50年に一度の記録的な大雨になっている所があります。
また、屋久島町南部付近で午後6時10分までの1時間に約120ミリの猛烈な雨が降ったとみられ、「記録的短時間大雨情報」が発表されました。
屋久島町では今夜遅くまで、低い土地の浸水、川の増水やはん濫に警戒して下さい。

記録的短時間大雨情報とは

数年に一度しか発生しないような短時間の大雨を観測・解析した時に、各地の気象台が発表します(基準は地域ごとに異なります)。その地域にとって「災害の発生につながるような、稀にしか観測しない雨量」であることをお知らせするため発表するものです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい