九州ではあすにかけ大雨のおそれ

tenki.jp

メイン画像 (15:41)tenki.jp

メイン画像 (15:41)tenki.jp

九州ではこれからあすにかけて局地的に激しい雨が降り、種子島・屋久島地方では非常に激しい雨のおそれがあります。大雨による土砂災害などに警戒して下さい。

すでに100ミリ超え・非常に激しい雨

九州では南から湿った空気が流れ込んでいて、広く雨が降っています。宮崎県延岡市では、半日ですでに100ミリの雨が降っている状況です。また現在、強い雨や激しい雨を降らせる赤や黄色の雨雲の表示が、宮崎県や鹿児島県屋久島周辺に見られ、屋久島町では1時間に90ミリ以上の猛烈な雨が降っています。

非常に激しい雨

きょう正午の実況天気図では、日本付近は北海道の東に中心を持つ高気圧に広く覆われていて、九州には南から湿った空気が流れ込んでいます。これからあすにかけて、気圧配置にほとんど変化はありません。九州南部を中心にあすにかけて断続的に南から湿った空気が流れ込み、大気の不安定な状態が続くでしょう。大分県や宮崎県では今夜にかけてバケツをひっくり返したような激しい雨の降る所がありそうです。種子島・屋久島地方ではあすにかけて、局地的に滝のようにゴーゴーと降る非常に激しい雨に警戒が必要です。

土砂災害警戒

あすの九州は熊本や福岡では日の差す時間がありますが、南部を中心に雨が続きそうです。あす正午までに降る雨の量は多い所、種子島、屋久島地方で1時間に50ミリ、24時間に150ミリなどとなっています。そのあとも雨が降り続くおそれがあり、降水量は更に増える見通しです。土砂災害に警戒し、低い土地の浸水、川の増水、落雷や突風などに注意して下さい。

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック