来週前半は荒れた天気になるおそれ 東北 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

来週前半は荒れた天気になるおそれ 東北

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B

画像C

画像C


21日(火)は活発な寒冷前線通過。東北地方は局地的な雷雨や激しい雨のおそれ。強い南風が吹くため、強風や高波に注意。

週の前半は雨、後半は晴れ

20日月曜日は、東北日本海側を中心に晴れて25度以上の夏日が続くでしょう。太平洋側は天気が下り坂です。福島県や宮城県、岩手県では午後になると雨が降りだす見込みです。
21日火曜日から22日水曜日にかけては広い範囲で雨が降り、通勤や通学の際は雨具が必要です。また南よりの風が強まり、荒れた天気となりそうです。特に船舶関係の方は、強風や高波にご注意下さい。
23日木曜日と24日金曜日は晴れ間が戻り、25日土曜日はすっきりとした五月晴れが期待できそうです。太平洋側や内陸部ほど気温は上がり、各地で25度を超す暑さが予想されています。湿度は低くカラッとした体感ですが、まだ暑さに対応できていないこの時期は熱中症にかかるケースがあります。こまめな水分補給や適度な塩分摂取を心がけ、真夏に向けて暑さ対策を習慣化していきましょう。

21日は大雨・雷、荒れた天気に要注意

21日火曜日は本州付近を活発な寒冷前線が通過する予想です。日本の東に居座る高気圧が強いため、前線はすんなり抜けてくれません。前線の動きが遅く、活発な雨雲がかかる時間が長く、雷を伴ったり雨脚が強まったりする所があるでしょう。落雷や急にざっと強まる雨などにご注意ください。
なかでも、南からの暖かく湿った空気が流入する福島県の中通り南部や浜通りでは1時間に30ミリ以上の激しい雨が降るおそれがあります。激しい雨とはバケツをひっくり返したような降り方で、傘は全く役に立ちません。また、道路は川のようになってしまうこともあります。ドライバーの方はアンダーパスなど低い道路の冠水に注意が必要です。
風は南よりで、広い範囲で強まりそうです。荒れた天気となりますので、特に船舶関係の方は強風や高波に十分注意してください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい