天気急変に注意! 東北

tenki.jp

メイン画像 (13:35)tenki.jp

メイン画像 (13:35)tenki.jp
14日から15日は大気の状態が不安定で、天気急変のおそれ。先週とは一転、今週は清々しい五月晴れひと休み。仙台青葉まつり開催の18日と19日は雲が広がりやすいものの、比較的過ごしやすい陽気に。 雷雨エリア 14日南部から15日北部へ 13日まで晴天をもたらした高気圧は中心を東へ移動し、南から暖かく湿った空気が流れ込んでいます。さらに上空には寒気が入っているため、14日の東北地方は南部を中心に大気の状態が不安定となっています。 赤いエリアの福島県や山形県、宮城県では奥羽山脈沿いを中心に発雷確率が高く、カミナリ雲が発達しやすい地域です。14日の午後は雨が降っていない地域も含めて、急な雨や雷雨のおそれがあります。落雷や竜巻などの突風、ひょうなどに注意してください。 15日も気圧配置に大きな変化はなく、日本の東海上には高気圧がどっしりと居座るでしょう。このため、雨雲の元となる「暖湿気」の流れ込みは15日にかけても続く予想です。大気の状態が不安定になる地域は、東北南部から15日は東北北部へ。15日の午後は秋田県や岩手県の内陸の北部で黄緑色、発雷確率がやや高い予想が出ています。北部を中心に天気の急変に注意が必要です。 天気急変のサインは主に3つ ① 黒い雲が近づいてくる ② 急に冷たい風が吹いてくる ③ 遠くで雷がゴロゴロ鳴り出す ①~③は天気急変サインの代表です。 これらの前兆を感じたら、すぐに安全かつ頑丈な建物や車の中に避難するようにしてください。 家の中では壁や窓から離れて、なるべく部屋の中央に避難しましょう。雷が近づいてきたと感じたら、コンセントを抜くことをおすすめします。 五月晴れ 小休憩 今週は湿った空気が入りやすく、太平洋側を中心にすっきりしないお天気となるでしょう。5月の清々しい陽気とは一転、湿気を多く含んだ空気におおわれて雲が多く、青空が恋しくなってきそうです。 18日(土)と19日(日)は、杜の都の初夏の風物詩として知られる「仙台青葉まつり」が開催されます。ここ最近は晴天に恵まれたことが多いなか、令和初となるお祭りは太陽が雲に隠れてしまいそうです。天気が大きく崩れる心配はないとみられますが、降水確率は両日ともに40%です。最高気温はだいたい平年並みで、海風が心地よい陽気となるでしょう。長袖でちょうどよい体感となりそうです。新緑のけやき並木の通りは一年で最も気持ちのいい季節です。ぜひお越しください。 「※5月15日11時20分 記事の一部を訂正しました」 ・落雷確率を「発雷」確率に訂正 ・15日午後の発雷確率が高いエリアを「黄色」から「黄緑色」に訂正 ・土日の仙台の最高気温の表現を「だいたい平年並み」に訂正

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック