13日 にわか雨や雷雨 関東甲信や東海は平野でも 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

13日 にわか雨や雷雨 関東甲信や東海は平野でも

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


13日(月)は、全国的に日差しが届く。九州から関東は山沿いを中心に、午後はにわか雨や雷雨。関東甲信や東海では平野でも。沖縄や奄美は、夜遅くは所々で雨。

きょうの天気

13日(月)は、北日本付近に中心を持つ高気圧は、ゆっくり東へ移動するでしょう。高気圧の縁を回って、湿った空気が流れ込みます。気温が上がる午後は、甲信や東海を中心に大気の状態が不安定になりそうです。大陸の前線は、夜には東シナ海まで延びるでしょう。
【各地の天気】沖縄や奄美は、午前は日差しが届く見込みです。午後は雲に覆われるでしょう。夜遅くは雨が降る所がありそうです。九州は、昼頃にかけて晴れ間が広がる見込みです。午後は雲が多くなり、一時的に雨が降る所がありそうです。四国は、大体晴れる見込みです。夕方以降は山沿いの一部で、にわか雨があるでしょう。中国地方は、日差しがたっぷり届く見込みです。近畿は、午前を中心に晴れるでしょう。午後は、雲が広がる時間帯がありそうです。南部の山沿いで、局地的に雲が発達し、雨が降るでしょう。北陸は、青空が広がる見込みです。福井では昼過ぎから夜のはじめ頃にかけて、ザッと雨が降る所があるでしょう。東海は晴れていても、午後は所々で雷が鳴り、強い雨が降りそうです。空模様の変化にご注意下さい。関東は、昼前後を中心に日差しが届く所があるでしょう。昼過ぎからは、南部に雨雲や雷雲がかかりそうです。北部も、夜遅くに雨が降る所があるでしょう。甲信も日差しが届きますが、午後は急に雷が鳴り、雨が降る所がある見込みです。長く降り続くことはありませんが、山梨では、激しく降る恐れがあります。東北、北海道は雲が広がることは、ほとんどないでしょう。

きょうの最高気温

最高気温は平年並みか高い所が多く、九州から近畿の内陸部では所々で30度以上の真夏日になるでしょう。熱中症など体調管理にお気をつけ下さい。那覇、鹿児島は27度、福岡は28度、広島は27度、松江と高知は25度の予想です。大阪は28度できのう(12日)と同じくらいで、6月中旬並みでしょう。名古屋は26度の予想で、きのうより3度ほど低くなりそうです。東京は23度の予想で、きのうと同じくらいでしょう。金沢は24度、新潟は20度、仙台は16度、秋田は20度の見込みです。きのうと同じくらいでしょう。札幌19度の予想で、きのうより5度ほど高くなる見込みです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい