13日 関東 午後は局地的にカミナリ雲発生

tenki.jp

今日(13日)の関東は昼過ぎ以降、天気が急変し、雷を伴った強い雨が降る所や激しい突風が吹く所があるでしょう。

昼過ぎ以降、空模様の変化に注意

【関東の天気(13日:月曜)】
きょうの関東地方は北日本付近に中心を持つ高気圧に覆われる見込みです。ただ、高気圧の縁をまわって湿った空気が流れ込み、また、上空にも冷たい空気が残っているため、次第に大気の状態が不安定になるでしょう。午後は空模様の変化に注意が必要です。各地とも朝は雲が多いですが、昼前から広く日差しが出る見込みです。昼過ぎ以降は局地的に雨雲が発生し、発達するでしょう。晴れていても天気が急変し、カミナリや突風を伴った強い雨が降ることがある見込みです。午前4時現在、東京都の広い範囲と埼玉県の全域に雷注意報が発表されています。なお、長く降り続く雨ではないため、時間に余裕がある方は少しの時間、雨宿りをして雨雲やカミナリ雲が通り過ぎるのを待つのも良いでしょう。黒い雲が近づいて空が急に暗くなる時、急に強い風が吹きぬける時、雷の鳴る音が聞こえる時などは発達した雨雲が近づいている合図です。
【関東の最高気温(13日:月曜)】
午前4時現在の気温は平野部では13度前後、山沿いは8度前後となっています。朝の通勤や通学の時間帯、薄着ではヒンヤリと感じられるでしょう。服装選びにお気を付け下さい。最高気温は平年並みの22度前後で、日中は快適に過ごせる所が多いでしょう。ただ、前橋は24度、熊谷では25度まで上がり、汗ばむくらいとなりそうです。一方、冷涼な海風が入る影響で水戸は20度に届かず4月下旬並みでしょう。なお、各地とも夜になっても急に冷えることはない見込みです。

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック