北海道 ひと桁の最高気温も

tenki.jp

今日(12日)日中の最高気温は、道央やオホーツク海側で平年より低く、日中に日差しがあっても春物のコートだけだと物足りなく感じられる地域もあるでしょう。明日の最高気温は、20度近くまで上がる地域がある一方で、ひと桁が続く地域もあるなど、道内でも気温差が大きくなりそうです。

今日 札幌やオホーツク海側 4月並みの気温

今日(12日)の最高気温は、網走や紋別など、オホーツク海側の沿岸で6度くらいと、ひと桁にとどまるでしょう。札幌でも、平年より3度ほど低く14度の見込みです。午前9時現在で曇っている、道東方面などにかかる雲は解消します。今日(12日)これから、午後は各地で日差しに恵まれますが、日差しがあっても、北よりの風が冷たく感じられるでしょう。母の日のプレゼントの買い出しなど、お出かけの際は、春物のコートの中に数枚重ね着するなど、服装調節に注意して下さい。

明日 道央や道北の内陸で20度以上

明日(13日)の道内は、各地とも日中は日差しに恵まれますが、最高気温は地域によって大きく異なりそうです。岩見沢や旭川など、道央や道北の内陸では、20度くらいまで上がり、日中は少し動くと汗ばむ陽気になる所もあるでしょう。一方、オホーツク海側の沿岸では平年より5度前後低めの気温となります。網走では9度と、ひと桁の最高気温が続き、日差しがあっても、空気の冷たい一日が続きそうです。

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック