週末は熱中症や紫外線に注意! 東北 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

週末は熱中症や紫外線に注意! 東北

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B

画像C

画像C


新緑の季節を迎えた東北地方、11日(土)と12日(日)は、日中は晴れるところが多いでしょう。母の日のお買い物やお出かけにもよさそうです。

11日(土)熱中症対策を心がけましょう

高気圧に緩やかに覆われるでしょう。東北地方は晴れるところが多い見込みです。最高気温は、東よりの風の影響で、太平洋側沿岸北部では平年より低く、10日(金)よりも大幅に低くなる予想です。15度前後となるところがありますので服装選びにご注意ください。その他の地域では、上空に流れ込んでいる暖かな空気と日差しの影響で、25度を超える夏日となるところがあるでしょう。まだ暑さに慣れていない時期ですので、お出かけの際には、こまめな水分補給をするなど熱中症対策を心がけましょう。
仙台市内では明治33年から行われている伝統の一戦【仙台一高二高定期戦】(野球)も行われます。仙台の最高気温は20度を超える予想ですので、参加する方はもちろんのこと、応援や観戦する方も熱中症には注意しましょう。

12日(日)紫外線対策をしっかりと

引き続き、高気圧に覆われるでしょう。朝晩は、太平洋側を中心に雲が広がりやすいですが、日中は晴れるところが多い見込みです。紫外線が強いので、母の日のお買い物には、帽子や日傘、日焼け止めクリームを塗るなど紫外線対策もしっかりと行いましょう。最高気温は11日(土)より低いところが多く、暑さは落ち着きそうです。
仙台市内は今、新緑の季節を迎え、広瀬川から吹いてくる風が心地よく感じます。杜の都を代表する定禅寺通りのケヤキ並木を見ながら、新緑の仙台をゆっくり歩くもの気持ちよさそうですね。

雨の季節を前に、掃除もオススメ

13日(月)以降は、高気圧の中心が次第に東海上に移動するでしょう。東北地方は、南から湿った空気が流れ込み、来週中頃から雲が広がりやすくなりそうです。すっきりと晴れる日が少なくなるでしょう。空気の乾燥した今週末は掃除日和で夏服の用意などにも最適と言えそうです。東北地方の梅雨入りは平年ですと、南部は6月12日頃、北部は6月14日頃ですので、あと一ヶ月もすると東北地方は雨の季節を迎えます。その前に、ジメジメ空気が溜まりやすい押し入れや部屋の隅々の掃除などをしておくと、梅雨の時期のカビ対策にもなりそうです。今年の母の日は、掃除のプレゼントも喜ばれそうですね。なお、空気の乾燥による火の取り扱いにはくれぐれもご注意ください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい