一日の気温差20度以上 年に何度もない寒暖差

tenki.jp
日中はこの時期らしい汗ばむ陽気となっていて、内陸部では朝との気温差が20度以上。年に何度もないような寒暖差になっています。 内陸部は厳しい寒暖差 今日の朝にかけての最低気温は、内陸部で0度前後まで下がりましたが、日中は20度を超えて汗ばむくらいになっています。 最低気温と午後2時までの最高気温の差を見てみると、埼玉県鳩山町では23.5度(0.9度→24.4度)、長野市では20.2度(1.7度→21.9度)、大分県由布市湯布院町20.7度(0.9度→21.6度)などとなっています。 今夜は、冷え込みは緩み、あすは各地でこの時期らしい気温の朝となりそうです。それでも、内陸部はまだ冷えますので、一日の寒暖差にご注意ください。

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック