6日 GW最終日も天気急変 落雷やひょうなどに注意 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

6日 GW最終日も天気急変 落雷やひょうなどに注意

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


きょう6日、連休最終日も天気の急変に注意が必要です。日本海側を中心に大気の状態が非常に不安定となる見込みです。午後からはあちらこちらで雨雲や雷雲が発達しそうです。

GW最終日 天気の急変に注意

きょう6日、ゴールデンウイーク最終日は、日本海から寒冷前線が近づき、夜にかけて本州付近を通過するでしょう。前線の周辺には、南から湿った空気が流れ込むため、日本海側を中心に大気の状態が非常に不安定となる見込みです。午後からはあちらこちらで雨雲や雷雲が発達しそうです。
<各地の天気>
沖縄は湿った空気の影響で雲が広がりやすいでしょう。九州は朝晩を中心に晴れますが、日中は雲が多く、山沿いを中心に所々でにわか雨がありそうです。中国、四国、近畿、東海から関東は、日差しはありますが、変わりやすい天気になるでしょう。午後からは所々で雨や雷雨になりそうです。天気の急な変化に備えて、お出かけには雨具をお持ちになったほうがよいでしょう。北陸と東北も⼣⽅以降は雨の降る所が多く局地的に雷を伴い雨脚が強まりそうです。急な強い雨、落雷、竜巻などの激しい突風やひょうなどに注意が必要です。北海道も次第に雲が増えて、夜は広く雨や雷雨になりそうです。

最高気温 全国的に平年より高い

最高気温は全国的に平年より高いでしょう。那覇、鹿児島は26度、福岡は25度の予想です。高知は22度、広島、松江は24度の見込みです。大阪は25度、名古屋は24度、金沢は25度、新潟は24度、東京は23度でしょう。西日本と東日本は、きょうも所々で夏日になる見込みです。湿った空気も入り、むしむしと感じられるでしょう。仙台は20度、秋⽥と札幌は22度の予想です。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい