東京都心 外のレジャーは 落雷・突風・急な雨に注意 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

東京都心 外のレジャーは 落雷・突風・急な雨に注意

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


2日の東京都心は、雨雲が発生していて「雷注意報」も発表中。午後も大気の状態が不安定なので、落雷や突風、急な強い雨に注意が必要です。

東京都心 発達した雨雲も

上空の寒気の影響で、2日の東京都心は、前日の予想よりも早い時間から「大気の状態が不安定」になっています。午前8時半頃から雨雲が湧きだして、午前9時45分には、広い範囲に雨雲がかかっています。アメダスのある地点では、強い雨は観測されていませんが、雨雲の様子をみると、あちらこちらに発達した雨雲が確認できます。

2日午後も 落雷・突風・急な強い雨に要注意

関東の大気の不安定な状態は、2日の午後も続くでしょう。局地的には、激しい雨の降る恐れもあります。ゴールデンウィークも後半に入り、屋外のレジャーを楽しむ方は、天気の急な変化に注意が必要です。
ゴロゴロと聞こえたり、急に冷たい風が吹いたり、空が暗くなったりしたら、カミナリ雲が近づくサインです。頑丈な建物など、安全な所へ避難して下さい。また、川の上流で急に雨雲が発達すると、下流でも川の水かさが急に増えることもあります。川のレジャーは水かさの変化にも、十分お気を付け下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい