令和の祝賀ムードに水を差す不安定降水の恐れ

tenki.jp

元号が「令和」に変わり、新しい時代の幕開けとなったきょう1日。これからあす2日朝にかけて大気の状態が非常に不安定になります。急な強い雨や落雷、竜巻などの激しい突風、雹などに十分ご注意下さい。

上空には“平成のなごり"寒気

西日本の上空およそ5500mには「平成のなごり」ともいえる氷点下21度以下のこの時期としては強い寒気が流れ込み、これからあす2日朝にかけて大気の状態が非常に不安定になります。特に大気の状態が不安定な地域は中国地方と九州北部地方で、これらの地域には落雷と降ひょうに関する気象情報が発表されています。

防災上の注意事項

急な強い雨や落雷、竜巻などの激しい突風、ひょうなどに十分ご注意下さい。こういった現象は活発な積乱雲に引き起こされます。遠くでゴロゴロと雷の音が聞こえたり、突然冷たい風が吹くようなことがあったら積乱雲が近づく前兆です。速やかに頑丈な建物に入り、積乱雲が離れるまで外に出ないようにして下さい。
なお、tenki.jpの「雨雲の動き(実況)」で状況を確認することが出来ますので、どうぞご覧ください。

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック