北海道 大型連休5月からの天気 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

北海道 大型連休5月からの天気

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B


明日から5月に入りますが、まだ続く大型連休。気になる北海道の天気予報をお伝えします。
(写真は30日の札幌市北区・新川さくら並木の様子)

新元号は雨のスタート・・・

28日から今日にかけては各地で晴れ間が広がり、気温も上がった北海道。札幌と函館では昨日29日に、今日30日には帯広でさくら満開の発表がありました。また、さくらの名所である新ひだか町・二十間道路からの開花の便りも今日届きました。気になるのは明日から始まる5月の天気です。
明日1日から明後日2日にかけては予想天気図にもあるように、発達した低気圧が北海道付近を通過する見込みです。この影響で太平洋側を中心に広く雨が降り、特に釧路地方など東部では雨脚が強まり、局地的に雨量が多くなる恐れがあります。急な強い雨など天気の急変に注意が必要ですが、山間部にはまだ雪の残っている地域もあります。傾斜地でのなだれや融雪による河川の増水などにも注意して下さい。

3日以降の天気は?

3日の金曜日は、低気圧が次第に東に遠ざかりますが、上空には、はじめ寒気が残る見込みです。天気は回復傾向ですが、大気の状態がやや不安定となるため、内陸を中心ににわか雨の恐れがあります。お出かけの際には晴れていても、雨具を持たれるのが良さそうです。
4日から5日は高気圧に覆われるため晴れる所が多く、天気の大きな崩れはないでしょう。連休最後となる6日月曜日は、気圧の谷が北海道の北を通過する見込みです。今のところ天気の大きな崩れはなさそうですが、道北方面は雨の降る可能性があります。レジャーの予定などを組む際には、最新の気象情報をご確認下さい。
連休中の気温ですが、3日は上空の寒気の影響で道北やオホーツク海側を中心に平年より低めとなる所が多くなりそうですが、その他の日は平年並みか高くなりそうです。特に4日から5日は札幌や函館、旭川などで日中の最高気温が20度前後まで上がり、日差しの下で暖かさを感じられるでしょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい