GW中盤 長引く雨 30日朝は太平洋側で雨・風強い 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

GW中盤 長引く雨 30日朝は太平洋側で雨・風強い

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B

画像C

画像C


30日にかけては九州から関東の沿岸部で雨脚の強まる所があるでしょう。風も強まり、体が濡れやすい雨に。1日にかけても雨の降る所が多くなりそうです。

29日夜 雨の範囲さらに東へ広がる

29日(月・昭和の日)は雨の範囲が次第に東へ広がり、昼過ぎにかけては沖縄や九州、中国、四国で広く雨が降りました。これは前線を伴った低気圧が東シナ海を東へ進んで九州に近づいたためで、前線の南側にあたる南西諸島では雨雲やカミナリ雲が発達して、強い雨が降りました。この低気圧はノロノロと東へ進んで、5月1日(水・天皇の即位の日)にようやく関東付近まで進むでしょう。この間、低気圧は急速に発達することはないものの、動きが遅いため、影響がダラダラと長引きそうです。低気圧はさらに2日にかけて本州の東を発達しながら北上するでしょう。

雨の時間は 九州・中国・四国・近畿

九州は29日夜も広く雨で、九州南部では雷を伴って雨が強く降る所もありそうです。30日に日付が替わる頃からは雨の降り方が弱まり、日中はいったんやむ所もあるでしょう。ただ、夜にかけても雨雲がかかりやすいため、雨具を持っておいた方がよさそうです。
中国、四国や近畿は29日夜は広い範囲で本降りの雨です。30日朝にかけては太平洋沿岸部を中心に雨がザッと強く降る所があり、風も強まるでしょう。傘がさしにくくなって、膝上まで濡れてしまうこともありそうです。日中はいったん雨のやむ所が多いですが、夜にかけて所々でにわか雨があるでしょう。なお、九州から近畿は1日の朝にかけて雨の残る所がありそうです。

雨の時間は 東海・北陸・関東

29日夜は所々で雨が降るでしょう。次第に本降りの雨となり、30日昼頃にかけては太平洋沿岸部に発達した雨雲がかかりやすくなります。朝、お出かけの際には地面一面に水たまりができている所もありそうです。夜にかけても、あちらこちらで雨が降るでしょう。沿岸部は風が強く吹いて、横なぐりの雨となることも考えられます。レインコートや体を拭くタオルなどがあるとよさそうです。1日も午前中を中心に雨の降る所があるでしょう。

雨の時間は 東北・北海道

東北は、30日は雲が次第に厚みを増して、所々で雨が降ります。雨の降り方はそれほど強くありませんが、太平洋側では南風が強まるでしょう。1日は雨が降ったりやんだりで、昼頃にかけてさらに南風が強まります。低気圧が近づく午後は次第に風向きが変わり、西風となりそうです。
北海道は、30日は昼過ぎにかけて日差しが届く見込みです。ただ、天気は下り坂で、夜は所々で雨が降るでしょう。1日は午後を中心に発達した雨雲がかかるでしょう。2日にかけても雨が降り、風が強まりそうです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい