平成から令和へ 天気はどうなる 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

平成から令和へ 天気はどうなる

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B


GW中、行楽日和はいつ?令和に入ってからの天気は?

日曜日は唯一の行楽日和 ただ、晴天長続きせず

27日(土)からいよいよ10連休!毎日、行楽日和を期待したいところですが、今年はそうはいかないようです。ゴールデンウイーク初日は北日本を中心に雪に注意、東日本も雨の所が多く、すっきりしない天気でしょう。そして連休2日目、平成最後の日曜・28日(日)は連休前半の唯一の行楽日和になりそうです。日差しもたっぷり届きそうですが、紫外線が強まるでしょう。お出かけに雨具は必要なさそうですが、日傘や帽子、日焼け止めなどを用意して、紫外線対策を万全にしてお過ごしください。ただ、この晴天は長続きしない見込みです。29日(昭和の日)と平成最後の日・30日(日)は西日本では大雨のおそれがあります。局地的に雨脚の強まる所もありますので、今後の情報にご注意ください。

令和に入ってからの天気

元号が変わって「令和」初日の5月1日もすっきりしない所が多く、西日本や沖縄など雨の降る所がありそうです。ただ、連休後半は北海道から九州は晴れ間の出る日が多いでしょう。最高気温も再び九州から関東は20度以上の所が多く、暖かくなりそうです。札幌でも20度くらいまで上がる日があるでしょう。北海道ではゴールデンウイーク中に桜が開花や満開を迎える所が多く、「令和」の桜を楽しめるでしょう。関東から九州ではここ数日でノダフジやツヅジが開花した所も多く、お出かけ先のあちらこちらで季節の花が楽しめそうです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい