大型連休初日 積雪のおそれ 東北 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

大型連休初日 積雪のおそれ 東北

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B


27日(土)にかけて、東北地方では北部の広い範囲で雪が降るでしょう。平地でも積雪となるところがあり、風も強まりそうです。28日(日)は晴れて、強い風も次第に収まるでしょう。

27日(土)山のレジャーやドライブは慎重な判断を

27日(土)は低気圧や前線が本州の東海上に進み、東北北部上空1500メートル付近には、マイナス6度前後のこの時期としては強い寒気が流れ込む予想です。このため、東北北部を中心に湿った雪が降り、山沿いはもちろん、平地でも雪の積もるところがあるでしょう。北よりの風も強まり、標高の高いところではふぶくおそれもあります。山のレジャーのご予定のある方は、慎重な判断を心がけましょう。また、交通機関の乱れる可能性がありますので、お出かけの際には交通情報を確認し、時間に余裕を持って無理のない行動をしましょう。
最高気温は、北部や日本海側を中心に26日(金)よりも低く、2月下旬並みになるところがあるでしょう。寒さ対策をして、体調を崩さないようお過ごしください。また、路面の凍結などにもご注意ください。

28日(日)お出かけ日和

高気圧に覆われるでしょう。強い風も次第に収まって、お出かけ日和になりそうです。東北地方の北部や標高の高いところでは、桜が見頃を迎えているところがありますので、お花見にもよさそうです。最高気温は平年より低いところが多い予想ですが、15度を超えるところが多く過ごしやすいでしょう。紫外線が強まってきますので、お出かけには帽子をかぶったり、日焼け止めクリームを塗るなどの紫外線対策をしましょう。
ゴールデンウィークの最新の気象情報はtenki.jpでご確認ください。時間と心にゆとりをもって、素敵な連休をお過ごしください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい