あちこち雨雲 局地的に発達 九州南部で激しい雨 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

あちこち雨雲 局地的に発達 九州南部で激しい雨

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


全国的に朝から気温が高く6月並みの暖かい空気に覆われています。広く大気の状態が不安定で九州では激しい雨の降った所も。

雨の降り方に注意 今朝は氷点下の冷え込み地点なし

前線を伴った低気圧が本州の南岸を東へ進んでいます。また、別の前線や低気圧が北日本付近に接近・通過中です。
南西諸島や九州南部、また東北北部では局地的に活発な雨雲が発生しています。鹿児島県曽於市の大隅では午前4時30分頃、1時間に30ミリの激しい雨を観測しました。また、同じく午前4時30分頃に宮崎県日南市の深瀬で1時間に23.5ミリの強い雨を観測しました。通勤や通学の際も雨脚の強まる所がありそうです。車の運転や足元に十分ご注意下さい。
なお、午前6時までの最低気温は全国に設置されたアメダス920地点あまりの内、氷点下の冷え込みの所はありません(富士山山頂を除く)。南から暖かい空気が流れ込んでいる影響で、今朝は雨が降っている所も含めて、全国のほとんどの地域で今年に入って最も暖かい朝を迎えています。青森県の酸ケ湯は積雪が250センチ以上あり、そのほか、東北や北海道の山で積雪の多い場所があります。雨や気温の上昇に伴う雪崩などにはご注意下さい。沖縄では昨夜から気温が25度を下回らず、所々で熱帯夜となっています。季節の歩みが早くなっているため、夜の寝苦しさや日中の蒸し暑さで体調を崩さないようにご注意下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい