週間 水~金は曇りや雨 GWにかけ雪の降る所も

tenki.jp

24日(水)から26日(金)は全国的に曇りや雨でしょう。北日本や東日本の日本海側や標高の高い所ではGW(ゴールデンウイーク)にかけて雪の降る所もありそうです。

あすの天気

あす23日(火)は、大陸から延びる前線の影響で、沖縄は曇りや雨で、カミナリを伴う所があるでしょう。九州も天気が下り坂で、午後は次第に雨が降りだすでしょう。中国、四国、近畿も夜は雨の所がありそうです。東海、北陸から東北は晴れますが、北海道は昼ごろから雲が多くなる見込みです。最高気温は平年よりも高く、6月から7月並みの気温の所もあるでしょう。日中は半袖でも過ごせるくらいとなりそうです。ただ、朝晩と日中との気温差が大きく、北陸や近畿の一部では20度くらい差がある所もありそうです。お出かけの際の服装や体調管理にはご注意ください。

あさって以降の週間天気

24日(水)は、全国的に雨が降り、特に西日本では大雨となる所もありそうです。25日(木)から26日(金)もすっきりしない天気の所が多い見込みです。北日本や東日本の日本海側や標高の高い所を中心に、GW(ゴールデンウイーク)にかけて雪の交じる所もありそうです。念のため雪への備えをしておいた方が良いでしょう。九州から関東は27日(土)は天気が回復して晴れるでしょう。28日(日)にかけておおむね晴れて行楽日和となりそうです。ただ、29日(昭和の日)は、雨の降る所がある見込みです。最高気温は26日(金)頃まで平年並みか高い所が多いですが、その後は平年並みか低いでしょう。

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック