満月の観察は好条件 霜が降りるほど冷え込む所も 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

満月の観察は好条件 霜が降りるほど冷え込む所も

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B


19日(金)は平成最後の満月。20日(土)明け方にかけて、広い範囲で観察できるでしょう。空が澄んで、月が鮮明に見える時は冷え込みます。最低気温は、19日の朝と比べると10度くらい低くなる所も。

19日(金)の朝 今年一番の暖かさも

19日(金)の朝は、日本付近に南から暖かい空気が流れ込みました。朝9時までの最低気温は、平年より高くなった所が多くなりました。東京都心は14度5分、新潟は11度7分、大阪は14度8分、広島は13度8分と、いずれも今年最も高くなりました。

今宵は満月 広く観察可能

19日は、満月です。平成最後の満月を観察しようとしている方もいらっしゃるでしょう。
20日(土)の朝にかけて大陸の高気圧が本州付近まで移動してくる見込みです。大陸育ちの高気圧に覆われると、空気は乾燥し、空が澄んで、月は鮮明に輝きます。20日の明け方にかけて、九州、中国地方から東海、北陸、東北は大体晴れて、月を眺めるには良い条件です。四国や北海道も雲の隙間から観察できる所が多いでしょう。関東は、寒冷前線の通過で雲が多いですが、日付が替わる頃から晴れてくる見込みです。深夜から明け方にかけて観られそうです。沖縄は湿った空気の影響で雲に覆われるでしょう。こちらでは、あいにくの天気となりそうです。

朝の気温 19日より10度くらい低くなる所も

本州付近は、風は比較的穏やかで地表から熱が奪われる放射冷却が強まります。中国地方から東北にかけて、内陸では霜が降りるくらいの冷え込みとなりそうです。最低気温は、3月下旬並みとなる所もあるでしょう。19日の朝と比べると低くなる所がほとんどで、北陸や東北では10度くらいも低くなる所がある予想です。九州や四国では暖かい空気に覆われたままでしょう。最低気温は平年よりやや高く、19日と同じくらいの所が多い見込みです。北海道は、最低気温は平年並みでしょう。冷たい西風が強く吹く所がありそうです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい