関東週間 ゴールデンウィーク直前は 気温上昇 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

関東週間 ゴールデンウィーク直前は 気温上昇

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


関東地方は、ゴールデンウィーク前の1週間は、週末にむけて気温が上昇傾向。昼間は過ごしやすいですが、20日土曜日の朝はまだ冷えるので、上手に調節して下さい。

土曜は青空 でも朝は冷えます

関東は、20日土曜日は、広い範囲で良く晴れるでしょう。二十四節気の「穀雨」で、暦の上では春雨が降って穀物を潤し、芽を出させる頃ですが、暦とはうらはらに、春の日差しがたっぷりと降り注ぐ見込みです。行楽日和の所が多く、春の花が見頃の所では、青空をバックに楽しめそうです。ただ、紫外線が気になる方は、そろそろ対策を初めて下さい。
関東南部では桜の季節は終わりましたが、ちょうど関東北部で桜が散り始めている時期ですので、「桜吹雪」や「花いかだ」を見に出かけるのも良いでしょう。お洗濯やお布団干しはもちろん、乾いた空気と一緒に冬物の洋服をしまうのにも、絶好のチャンスです。窓を開けて、部屋の空気を入れ替えても、気持ちよさそうです。
ただ、土曜日のポイントは「朝が冷える」こと。最低気温は、関東南部で10度前後、関東北部は平野部でも5度くらいまで下がる所があるでしょう。良く晴れる朝は「放射冷却が強まる」ので、一段と冷えてしまうのです。
ここで豆知識。「放射冷却が強まる」というのは、熱がどんどん逃げてしまうということです。もし雲があれば、布団のような役目をしてくれるのですが、雲がないので、日が昇る前の朝は、地面近くの熱が上空に逃げてしまうのです。
20日土曜日は、昼間は春のコートなしでも過ごせる所が多いですが、朝晩は、ストールなどで首元を暖めるなど、上手に調節して下さい。

日曜も傘いらず

21日日曜日は、雲が増えるでしょう。ただ、雨を降らせるような雲ではなく、日の差す時間もあるでしょう。傘を持たずに、身軽にお出かけできそうです。最低気温は、関東北部・南部とも、10度前後の予想です。最高気温は、21日日曜日も20度前後まで上がる所が多いでしょう。

来週は雲が多めでも 気温は高め 火曜日~水曜日は雨の可能性も

来週は、スッキリ晴れる日は少なく、雲の広がりやすい日が多いでしょう。火曜日は曇りマーク1つですが、火曜日から水曜日にかけては、広い範囲で雨が降りやすくなりそうです。お出かけの際は、最新の予報をチェックして下さい。
そして、来週は「寒の戻り」はないでしょう。気温は、関東の内陸部を中心に、週末にかけて徐々に上がる予想です。木曜日や金曜日は、内陸部では、少し動くと汗ばむくらいの所もありそうです。また、気象庁は、関東甲信地方では23日頃からの1週間は、気温が平年よりかなり高くなる確率が30%以上と見込んでおり、「異常天候早期警戒情報」を発表しています。
ゴールデンウィークを前にして何かと忙しかったり、新入生や新社会人は疲れがでたりする時期ですが、来週は一足早く気温が高くなりますので、体調を崩さないよう、ご注意下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい