異例の暑さが予想される北海道 原因は大陸周りの暖気 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

異例の暑さが予想される北海道 原因は大陸周りの暖気

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B


きょう16日は、全国的に日差したっぷりで、気温がグングン上昇。北日本や東日本を中心に平年より高くなりました。あす17日は、きょうより更に気温が上がり、北海道では全国で一番暖かくなる可能性も。既報の通り、あす17日は、全国的にきょうよりもさらに気温が上昇し、沖縄より北の大地北海道が暑くなるとみられます。北海道で異例の暑さになる原因は、上空の暖気の流れ方にあります。
地上で20度以上の目安となる上空1500mで6度以上の暖気があすは、関東から九州にかけて予想されます。それよりも気温が高く、上空1500mで9度以上の空気が大陸の方を回り、北海道に流れ込むために、異例の暑さになるとみられます。

あす17日 予想最高気温(日本気象協会)

あす17日の最高気温は、多くの地点で20度以上と予想されます。その中で、特に高いのが札幌と帯広で24度予想です。24度というのは札幌では7月上旬並み、帯広に至っては7月下旬とほとんど真夏並みといっても差し支えない気温です。そのほか、東北や北陸、関東では5月並みと季節先取りの暖かさで、昼間は上着いらずで過ごせる陽気です。
ちなみに昨年2018年4月30日も同じような気象条件となり、北海道網走地方の女満別で30度2分を観測しました。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい