花起こし 花散らしの週末 東北

tenki.jp

福島や仙台の桜は満開で、13日(土)はお花見日和になりそうです。14日(日)は天気が下り坂で、夜は雨が降るでしょう。お出かけは早い時間がおすすめです。

13日(土)お花見日和

高気圧に覆われるでしょう。東北地方は広く晴れる見込みです。日中の最高気温は平年並みか高いところが多く、お出かけ日和になるでしょう。福島や仙台では桜が満開ですので、お花見にもおすすめです。山形の桜も順調に咲き進み、秋田や盛岡、青森の桜の花芽もふくらみそうです。ただ、朝は冷え込んで、最低気温は内陸を中心に氷点下になるところがあるでしょう。お出かけの際には調整しやすい服装がよさそうです。また、おそ霜の降りるおそれがありますので、農作物の管理にはご注意ください。

14日(日)お出かけは早い時間に

高気圧の中心が東海上に移動し、西から低気圧や前線が近づいてくる予想です。東北地方の天気は下り坂で、晴れるのは午前中が中心でしょう。午後は南部から雲が広がり、夜には広く雨が降りそうです。お出かけの際には雨具があるとよいでしょう。沿岸や海上では次第に南風が強まりますので、強風にお気をつけください。福島、仙台は花を散らす風や雨となるかもしれません。
朝の気温は、低気圧や前線に向かって、南から暖かい空気が流れ込む影響で、平年より高いでしょう。日中の最高気温は13日(土)より高く、4月下旬から5月上旬並みの気温の所が多くなりそうです。

15日(月)交通機関の乱れに注意

週明け15日(月)朝にかけて寒冷前線の通過するでしょう。大気の状態が不安定になり、雷雲が発達するおそれがあります。朝の通勤通学時間帯にかけて強まる雨や、落雷や突風、強風にお気をつけください。雨でスタートする月曜日になりますから、交通機関の乱れ(遅れ)に注意が必要です。朝は時間に余裕をもってお出かけください。
朝の気温は、暖かな空気が残る影響で平年より高いところが多いでしょう。ただ、日中は一時的に流れ込む寒気の影響で、気温が上がりにくでしょう。最高気温は平年より低く、14日(日)より大幅に低くなりそうです。気温の変化で体調を崩さないようお気をつけください。

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック