関東甲信地方 季節外れの大雪の恐れ

tenki.jp

関東では桜のシーズンが終盤に差し掛かり、春爛漫の日々が続いている今日この頃ですが、あす10日は、関東甲信地方で季節外れの大雪になる恐れがあります。気象庁から関東甲信地方に大雪に関する情報が発表されました。大雪による交通障害、路面凍結、着雪、なだれに十分な注意が必要です。

大雪に関する関東甲信地方気象情報

あす10日は、日本の南を前線を伴った低気圧が発達しながら東へ進み、夜には伊豆諸島付近に達する見込みです。このため、群馬県南部の山地及び長野県中部と南部では朝から夜遅くにかけて大雪となる所があるでしょう。
■予想24時間降雪量(10日正午まで・多い所で)
長野県 中部・南部 10センチ
群馬県 北部・南部 10センチ
その後も、雪は夜遅くにかけて降り続き、降雪量が増えるとみられます。
■防災事項
大雪や路面の凍結による交通障害、湿った雪による電線や架線及び樹木などへの着雪、積雪の多い地域ではなだれに十分な注意が必要です。

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック