週間 水曜は大雨と真冬の寒さ 群馬と長野は大雪も 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

週間 水曜は大雨と真冬の寒さ 群馬と長野は大雪も

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像C

画像C


あす10日(水)は、低気圧や前線の影響で、広い範囲で雨が降る見込みです。西日本では大雨となるおそれがあるため、今後の気象情報にご注意下さい。また、関東や東海を中心に真冬の寒さとなります。

あすの天気 大雨のおそれ

前線を伴った低気圧が日本の南に進みます。このため、沖縄・九州から東北の広い範囲に雨雲や雪雲がかかるでしょう。西日本を中心に大気の状態が不安定となり、雷を伴う所もありそうです。特に、九州や四国では、朝の通勤通学の時間帯を中心に、局地的に非常に激しい雨が降る見込みです。落雷や竜巻などの突風に注意が必要です。広い範囲で大雨となるおそれがあるため、今後も最新の気象情報をご確認下さい。また、関東北部や甲信では、平地でも大雪となるおそれがあります。降り始めから、あす正午までの雪の降る量は、群馬県南部と長野県中部と南部で10センチと予想されています。一方、北海道は大体晴れるでしょう。

あすの気温 真冬の寒さも

あすは、九州や四国の一部でポカポカ陽気となるほかは、最高気温は平年より低いでしょう。中国地方や近畿は13度前後、東海や北陸、関東では日中も10度に届かない所があり、東京都心も真冬の寒さとなりそうです。また、北寄りの風が吹くため、気温の数字よりもさらに寒く感じられるでしょう。あすは冬の装いでお出かけ下さい。

あさって以降の天気

11日(木)以降は、13日(土)にかけて日差しの届く所が多いでしょう。気温は、あすのような極端に低くなる日はないものの、この時期としては低めの所が多い見込みです。また、朝晩と日中の気温差が大きくなりますので、お花見などにお出かけの際には調節のしやすい服装がよさそうです。なお、気温の動向が桜の開花に影響を及ぼすことがありますが、tenki.jpでは開花状況や満開予想を公開しています。この先のお花見の計画を立てる際にご活用ください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい