きょうも春の便り続々 桜前線は北へ 関東は佳境 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

きょうも春の便り続々 桜前線は北へ 関東は佳境

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B


きょう6日(土)も春の便りが続々と届きました。静岡と京都、大分、金沢、神戸では桜の満開が発表され、桜の見頃となっています。東京都心など関東南部の桜は佳境を迎えていますが、東北ではこれから桜の見頃を迎えそうです。

きょうも春の便り続々

きょう6日(土)も全国的に暖かな空気に包まれた日本列島ですが、午後4時30分までに静岡と京都、大分、金沢、神戸で桜の満開が発表されました。東京都心など関東南部の桜は見納めの時期に入りましたが、近畿地方や東海地方などでは桜の見頃を迎えつつあります。また、桜以外の春の便りも届いています。静岡では「のだふじ」、秋田では「うめ」の開花が発表されたほか、金沢では「うぐいす」の初鳴きも観測されました。

東北はこれからがシーズン

きのう5日(金)は、仙台と福島で桜の開花が発表されました。桜前線は東北を北上中で、今月下旬には、東北北部でも多くの所で桜が満開となる予想です。tenki.jpでは、各地の桜の開花状況や、これからの見頃予想を公開しています。お花見の計画を立てる際などに、ご活用ください。

夜桜見物は寒さ対策を

日中は春の暖かな空気に包まれましたが、夜はまだまだ寒さが残ります。日中と朝晩の気温差が大きくなる季節ですので、夜桜見物に行かれる際には、羽織る物などをお持ちになると良さそうです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい