5日関東 今年初の「夏日」か 花散らしの南風に注意 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

5日関東 今年初の「夏日」か 花散らしの南風に注意

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


5日の関東は、最高気温20度以上が続出。昼間は「暑いくらい」の所もあり、今年初の「夏日」か。「南風が強い」のもポイントで、満開から数日たった桜は花吹雪に。

5日 天気のポイント

5日の関東は、広い範囲で晴れるでしょう。時折、雲の広がる所もありますが、平野部では天気の崩れはありません。洗濯物を外に干したままのお出かけも、安心です。空気がカラカラで、洗濯物も良く乾きますが、関東の広い範囲に「乾燥注意報」が発表されています。お出かけ前には、火の元の確認を忘れないで下さい。
そして、天気のポイントは「南風が強まる」こと。午後は、沿岸部ほど南風が強く吹くので、洗濯物は飛ばされないよう、しっかり留めて干して下さい。更に、この強い南風で、満開から数日たった桜は、散り急いでしまうかもしれません。平成最後の桜吹雪を、楽しむのも良さそうです。
一方、同じ植物でも、スギやヒノキの花粉には、注意が必要です。花粉の飛ぶ量は関東の広い範囲で「非常に多い」予想です。花粉の種類はスギからヒノキに変わってきていますが、症状のでる方は万全な対策を心がけて下さい。
関東北部の標高の高い所では、夜は雨や雪の降る所がありますが、関東の平野部では、夜も天気の崩れはなく、夜桜見物にもオススメです。

5日 気温のポイント

そして、5日の関東は、日差しと暖かい空気が流れ込むため、「気温がグングン上がる」のが、もう1つのポイントです。最高気温は20度以上の所が多く、東京都心では2週間ぶりに20度を超える予想です。今週前半は、寒の戻りがあっただけに、一段と暖かく感じられるでしょう。昼間はコートがいらないくらいです。関東の内陸部では、気温が25度くらいまで上がる所もあり、関東(南鳥島と父島を除く)で今年初めて「夏日(最高気温が25度以上)」になる可能性があります。日中は、長袖シャツ1枚でも十分過ごせるでしょう。調節しやすい服装で、お出かけ下さい。
夜も極端な寒さはありませんが、夜桜見物などで、長い時間、外にいる方は、体が冷えてきそうです。4月最初の金曜日で、新年度の歓迎会などで遅くなる方も、ストールなど小物を使って、上手に調節して下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい