仙台市 暖かな陽気で桜の花ほころぶ? 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

仙台市 暖かな陽気で桜の花ほころぶ?

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B

画像C

画像C

画像D

画像D


4月とは思えないような寒さで新年度をスタートした東北地方ですが、桜のつぼみもピンク色に。4月4日発表、最新の桜開花予想!

仙台管区気象台ソメイヨシノ 4/3(きのう)の様子

3月の前半は季節はずれの暖かさが続いた東北地方ですが、3月の後半に入ると寒気が流れ込むようになりました。「令和」の発表とともに幕開けした新年度。外は吹く風が冬のように冷たく、先月30日からきのう3日までの5日間、仙台市は一桁どまりでした。上空の寒気が抜けつつある4月4日になってようやく10度を超えて、午後3時までの最高気温は12度8分を観測。冬に戻ったかのような寒さからやっと解放されました。ここ数日は桜のつぼみも縮こまるような寒さが続いていましたが、仙台管区気象台にあるソメイヨシノ標本木は春を待つばかりの状態です。

4/4(木) 最新のつぼみの状況

きょう4日午前中の段階では、まだ1輪も咲いていない状況です。ただ、あす5日の仙台市の予想最高気温は20度!(5月下旬並み)日本海から近づく寒冷前線に向かって南から暖かな空気が流れ込むため、日差しとともに気温はうなぎのぼりとなる見込みです。今年初めての20度超えの陽気で、日本気象協会は5日(金)にも開花の便りが届くと予想しています。

見頃を迎えるのは1週間後

5日に開花する予想の仙台市。満開を迎えるのは1週間以上も先の13日土曜日ごろです。仙台市の開花から満開までかかる日数は平年で5日ですが、今年は長く桜の季節を満喫できそうです。

東北を代表する桜名所の予想開花日は?

この先もちょくちょく寒気が入ってくる予想ですが、桜前線は4月20日には本州の最北端、青森県まで到達する見通しです。4月末から5月にかけての10連休の前半は、東北北部を中心に満開の桜を楽しめるでしょう。平成最後のお花見は、ぜひ東北へお越しください。春の桜が待っていますよ。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい